【For Beginners】プレイングを上達させよう!【PokemonTCG Tips】

スポンサードリンク

ども、「Pokéca☆Tips」管理人のきりゅ。(@Sorato_kiryu)です。

今回はちょっと難しいテーマ「プレイング」について。

「Pokéca☆Tips」らしいテーマですね。

初心者プレイヤーにとってぶつかる最初の壁かなと思います。

ただ、出回っているデッキレシピには様々なものがあり、作った本人でないと入れているカードの理由が解らないものも多いです。

後半では、自分が作ったレシピを参考にプレイングについて解説していきたいなと思います。

良ければ参考にしてみてください。

サポートと「カプ・テテフGX」

現在の環境では、山札から「サポート」を持ってくることができる特性「ワンダータッチ」を持つ「カプ・テテフGX」は戦力としても優秀で、基本的にどのプレイヤーのデッキにも入ってるカードになっています。

カプ・テテフGX
『カプ・テテフGX』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

初手では、「ハイパーボール」を使って「カプ・テテフGX」を持ってくることで、確実に1ターン目から「サポート」を使えるようになってきました。

中盤以降では、山札にある「サポート」を状況に応じて持ってこられるように常に意識しておくと良いです。

そのためには、ベンチがすべて埋まっていると「カプ・テテフGX」も特性を使うことができないので、ベンチには常に余裕を持ったプレイングを心がけておくといいと思いますよ☆

ハイパーボールで何をトラッシュする?

「ハイパーボール」は「カプ・テテフGX」以上にデッキを構成する上で必須パーツとなっています。相場自体はかなり低いですし、構築済みデッキを購入すれば基本的に入手可能なカードです。

ハイパーボール
『ハイパーボール』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

さて、初心者プレイヤーの諸君。

この「ハイパーボール」ですが、手札から2枚のカードをトラッシュしなければ使うことができません。

何をトラッシュしてますか?????

これ、単純な問いのようで奥が深いですよ。(^o^)/

確かに場面ごとでトラッシュするカードは変わってきますが、大きな枠で見ると以下のように分類できるでしょう。

・「ポケモン」
・「サポート」
・「グッズ」
・「スタジアム」
・「エネルギー」

初心者プレイヤーを悩ます選択かなと思います。

正解(?)を言ってしまうと、

サポート≫エネルギー≧ポケモン≧スタジアム≫グッズ

・・・の順番でトラッシュの優先順位となります。

基本的に余裕のない時以外で「グッズ」をトラッシュするのは止めておきましょう。

「サポート」や「エネルギー」、「ポケモン」をトラッシュの対象と選ぶには、ちゃんとした理由があります。

それは、後でトラッシュから回収できるカードだからです。基本的にはトラッシュから回収する手段が有るか無いかの判断基準で、トラッシュする優先度を決めていきます。

・「サポート」であれば、「バトルサーチャー」。
・「ポケモン」であれば、「レスキュータンカ」or「すごいつりざお」。
・「エネルギー」であれば、「すごいつりざお」などなど。
・「スタジアム」であれば、SM4で入手できる「ルザミーネ」。
・「グッズ」に関しては、一般的なデッキであれば手段はゼロです。

特に、「サポート」については後半に役立つ「グズマ」や「アセロラ」、ドローソースとなる「プラターヌ博士」などをトラッシュしておくと、相手に「N」を使われたとしても「バトルサーチャー」を使う事で、選択肢を広げることができます。

手札に余裕があれば「サポート」を優先的にトラッシュしておくと良いですよ。(*^^)

「ポケモンのどうぐ」を付けるタイミング

よく初心者の人と対戦すると気になるのが「ポケモンのどうぐ」の使い方。

例えば、「こだわりハチマキ」。

こだわりハチマキ
『こだわりハチマキ』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

これ、どういうタイミングで使いますか??

一番ベストなタイミングは、付けたいポケモンが攻撃するターンに使います。

それまでは付けることを我慢しましょう。

なぜなら、それまでのターンでトラッシュされてしまうと回収できなくなるからです。「グッズ」をトラッシュから回収できるデッキも有りますが、基本的にその手段を持っているデッキはありません。「ポケモンのどうぐ」は一度トラッシュされると回収できないということをしっかり意識しておきましょう。

「ポケモンのどうぐ」をトラッシュする手段としてはいくつかあるのですが、主な手段としては以下に挙げる2つでしょうか。

フィールドブロアークセロシキ
『フィールドブロアー』『クセロシキ』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

よくサポート「N」を使われる事を恐れて、手札に来た瞬間に使っちゃう人がいるのですが、「N」なら山札に戻るだけなので、再度、手札に入れることは可能ですが、トラッシュされるとその対戦中で手札に戻すことが不可能になってしまうので、「Nは使われたらしょうがない」程度に捉えておきましょう。

同じ理由で「かるいし」なども挙げられます。
なるべく「かるいし」も、付けたいポケモンが「にげる」を使うターンに付けるようにしましょう。



「プラターヌ博士」を使う事を躊躇わない

手札を全てトラッシュし、7枚のカードを新しい手札として引き直すことができる、強力な効果を持ったカードです。

プラターヌ博士
『プラターヌ博士』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「ハイパーボール」の件で上述したように、トラッシュから手札に戻す手段のあるカードであれば、「プラターヌ博士」を使うことは躊躇わなくて良いです。

また、トラッシュから回収できない「グッズ」が多い場合だと状況と相談することになります。

手札の状況が悪く、この後の展開に支障をきたすようであれば、回収できなくなったとしても手札を一新したほうが良い場合もありますね。

1つの判断基準としては、選択肢の数

場が整っている場合であれば、戦えるポケモンも複数育っている事でしょうし、サポートを使う必要性が無いと思います。

しかし、場に戦えるポケモンが育っていない場合だと、そのターン中に取れる選択肢や、次ターンにとれる行動において、選択肢が有る保証がありません。こういった場合は、手札への未練を捨て、とっとと手札を一新してしまいましょう

こういった思い切りもプレイングを上達する上で必要な考え方になってきます。

理想とする最初のターンは「リーリエ」or「アズサ」

1ターン目で使うサポートに迷ったら「リーリエ」or「アズサ」に絞りましょう。

「リーリエ」は使えば手札を8枚に、「アズサ」はベンチにポケモンを展開することができます。

デッキによれば、両方とも採用している場合もありますが、その場合はどちらを使うか、その基準は見極められるようにしておきましょう。

・1ターン目に「リーリエ」を使う場合。

場にポケモンが2匹以上、手札にエネルギーが無い場合であれば、「リーリエ」を使った方が良い方向に進むことが多いです。

・1ターン目に「アズサ」を使う場合。

場にポケモンが1匹、手札にエネルギーが有る場合であれば、「アズサ」を使った方が良い方向に進むことが多いです。手札にエネルギーが無くても、進化ポケモンを軸とするデッキの場合は「アズサ」を使った方が安定します。

これを一つの基準として最初の番に使うサポートを決めてみてはいかがでしょうか。

デッキレシピを参考にプレイングを学ぶ

まず、今回のプレイングを解説する上で、いくつかサンプルのデッキレシピを載せておきます。

デッキ:メタグロスGX

ミュウツーGX & メタグロスGX


ポケモン

2× ミュウツーGX
1× オドリドリ(まいまい)
3× カプ・テテフGX
1× ウソッキー
3× メタグロスGX
2× メタング
4× ダンバル

サポート

3× プラターヌ博士
3× N
2× ククイ博士
1× リーリエ
1× ハラ
2× グズマ
1× フウロ
1× アズサ
1× アセロラ
1× オカルトマニア

グッズ

3× バトルサーチャー
4× ハイパーボール
2× バトルコンプレッサー
2× ふしぎなアメ
1× すごいつりざお
1× 闘魂のまわし
2× こだわりハチマキ

エネルギー 13

4× 超エネルギー
6× 鋼エネルギー
3× ダブル無色エネルギー

まず、「メタグロスGX」を使ったデッキを例に挙げてみました。2進化ポケモンを軸とするデッキになりますね。

メタグロスGX
『メタグロスGX』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「メタグロスGX」は「エネルギー」をトラッシュから場に戻す特性「ジオテックシステム」を持っています。

こういったポケモンを軸としたデッキの場合は、「エネルギー」をトラッシュすることを躊躇わなくて済むようになるので、エネルギーはガンガントラッシュする戦い方が可能になります。

「ハイパーボール」を使用する際には「エネルギー」と「サポート」を同じ優先度でトラッシュすることができます。また、「プラターヌ博士」を使うのに躊躇う事も減るんじゃないでしょうか。

「エネルギー」は後々、「メタグロスGX」の特性で場に戻すことができますし、「サポート」は「バトルサーチャー」を使用することで、手札に戻すことが可能です。実質、トラッシュする効果はデメリットのようで、何のデメリットもありません。そのための「バトルサーチャー」であり、「メタグロスGX」の特性というわけです。

このサンプルのデッキれあれば、「バトルコンプレッサー」を採用しております。

バトルコンプレッサー
『バトルコンプレッサー』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「エネルギー」を山札からトラッシュすることで、「メタグロスGX」の特性と合わせると1ターンに複数のエネルギーを場に出すことができるようになりますし、

手札に「バトルサーチャー」が有れば、使いたい「サポート」を山札からトラッシュし、「バトルサーチャー」で回収することで好きな「サポート」を使うことができるようになります。

おわりに。

一旦この辺で切りましょうか。

また同じようなテーマについて記述することあると思うので、何か希望が有ればそれも取り込みたいと思います。

Twitterやってますので、やってる方は気軽に意見など頂けたらと思います。

ではでは。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Hello, I am Kiryu, admin: "Pokéca☆Tips". A Japanese pokémonTCG-player from 2003. Mainly I update in Japanese, some article in English. I hope you like it. I have twitter account, please follow me and leave your comment. If you have some nice idea, please tell me. xD

「Pokéca☆Tips」管理人、きりゅ。と申します。91年生まれのポケモンカード大好き社会人です。ポケモンカード自体は2003年より本格的に遊んでいる古参プレイヤーの1人です。最近では初心者応援勢として初心者の方々との交流を楽しんでいます。初心者の皆さん、ぜひ一緒にポケモンカードやりましょう。あ、Twitterやってるので、よければ気軽に絡んでください。ポケモンカードに関するTweetは少なめですが。(>_<)