【コンボ紹介】「カウンターエネルギー」と相性の良いポケモンを探そう。(XY~SM3+対応)

スポンサードリンク

ども、「Pokéca☆Tips」管理人のきりゅ。(@Sorato_kiryu)です。

つい先日、YouTubeのポケモンカード公式チャンネルより「カウンターエネルギー」が発表されました。


【ポケカ最新情報】強力新カード「カウンターエネルギー」登場!

今回は、「カウンターエネルギー」を使ったコンボについて書いていきたいと思います。



効果について知ろう

一応、テキストでも。

このカードは無色エネルギー1個分としてはたらく。

このカードは、自分のポケモン(「ポケモンGX・EX」をのぞく)についているとき、自分のサイドの残り枚数が相手のサイドの残り枚数より多いなら、すべてのタイプのエネルギー2個分としてはたらく。

つまり、自分の「ポケモンGX」が倒されて、サイドを取られた後に一発逆転を狙えるカードって訳ですね。

すべてのタイプのエネルギー2個分としてはたらくという事は、「ダブルドラゴンエネルギー」のような使い方も可能ですし、

ダブルドラゴンエネルギー
『ダブルドラゴンエネルギー』
引用:ポケモンカード公式ホームページ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

デッキの軸となるタイプ以外のポケモンを組み合わせる事だってできちゃうわけです。

入れるカードによってはカッコいい逆転劇も見られますよ。

いわゆるピンざしをして、相手の不意を突くという動きも可能ですね。

公式の動画で紹介されているエネルギーの数を使ったギミックも面白いと思いますよ。



相性の良いポケモンを考えよう

一通り、効果について知ったところで相性の良いポケモンの組み合わせを考えてみましょうか。

サイドの枚数で差をつける

相手とサイドの枚数を比べた時に、こちらが有利になるワザを持つポケモンも存在します。

無難にこういったポケモンと組み合わせてみても良いと思います。

・コバルオン

コバルオン
『コバルオン』
引用:ポケモンカード公式ホームページ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「コバルオン」のワザ「リベンジバースト」は相手に取られたサイドの枚数×30ダメージを与えるという大技。序盤ですぐに役に立つワザというよりは、中盤からの逆転に向いてるワザですね。

中盤から巻き返す時に一役買ってくれると思いますし、現在流行している「サーナイトGX」デッキへの解答としても良いと思いますよ。

・ビリジオン

ビリジオン
『ビリジオン』
引用:ポケモンカード公式ホームページ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

XYシリーズより、「ビリジオン」。

「サイドカウンター」は「コバルオン」とは異なり、序盤からでも比較的使いやすい技だと思います。

チャンピオンズリーグ2018@横浜でも「ゾロアークGX」の相方として大活躍だった「ルガルガンGX」の弱点も付ける為、現在の環境でも活躍できるんじゃないでしょうか。



文字通りカウンターを決める

サイドの枚数に限らず、「すべてのタイプのエネルギー2個分としてはたらく」という事に注目してみると、色んなポケモンでカウンターを狙えるようになりますよ。

・ミミッキュ

ミミッキュ
『ミミッキュ』
引用:ポケモンカード公式ホームページ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

僕がかつてチャンピオンズリーグで「カプ・ブルルGX」や「エーフィGX & ダストダス」を攻略する上で愛用したカードです。

「ミミッキュ」とも相性がとてもよく、相手が最後に使ったワザを利用し、「ミミッキュ・カウンター」を決めることも可能です。

最近環境を攻略する上で数を増やしている「ネクロズマGX」に対して非常に有効だと思われますよ。

・シェイミ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

強化拡張パック「ひかる伝説」より、草タイプの「シェイミ」。

ポケモンが倒された次のターンにワザ「まきかえす」を使う事で120ダメージを出すことができます。ポケモンが倒された場合は必然的にサイドを取られるので「カウンターエネルギー」との相性も抜群ですよ。

現環境であれば「ルガルガンGX」に相性抜群ですね。



自分の一押し

自分のおすすめを紹介しておきましょう。

・ひかるゲノセクト

ひかるゲノセクト
『ひかるゲノセクト』
引用:ポケモンカード公式ホームページ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

個人的に一番おススメの組み合わせですね。

「カウンターエネルギー」と自身の特性「エナジーリロード」を組み合わせることで、たった1ターンでワザを使う事が可能になります。

「草エネルギー」を付け替えても良いですし、「レインボーエネルギー」を付け替えても良いですし、「カウンターエネルギー」自体も付け替えることが可能になりますよ!(^o^)/

「カウンターエネルギー」を付け替えた場合、草エネルギー4個分になるので、130ダメージまで伸ばすこともできますね。

サイドの枚数が負けている間はずっと戦力になってくれますし、こちらが有利な場合であればそのまま押し込むことも可能でしょう。

・メテノ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

一瞬、「えっ?」って思ったかもしれませんが、「メテノ」もまた、「カウンターエネルギー」ととても相性が良いポケモンになります。

「メテノ」は気絶する代わりに190ダメージという大技を放つことが可能です。大体のポケモンをきぜつさせることが可能でしょう。

「カウンターエネルギー」はこちらのサイドの枚数が多い場合のみ効果を発揮します。

「コスモプロ―ジョン」は使ってしまえば、高い確率でサイドを2枚取ることが可能だと思います。これによりおそらくサイドの枚数は逆転することが多いかと考えられます。

つまり、「カウンターエネルギー」の効果が発揮しなくなると同時に「メテノ」と同時にトラッシュされるので、気にしなくても良いということです。

また、「メテノ」が気絶すると同時に相手もサイドを取ることが可能ですので、「サイドの枚数が逆転しない」という場合もあるかもしれません。

その場合であれば、「カウンターエネルギー」は効果を発揮し続けますので、別の「カウンターエネルギー」を使って勝負を決めることが可能です。



その他

割と無難に思いつくのは「エンテイ」や「ケルディオ」と言ったところでしょうか。

エンテイケルディオ
『エンテイ』『ケルディオ』
引用:ポケモンカード公式ホームページ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

環境に合わせて1枚添える枠としては持ってこいですね。

「ケルディオ」であれば、「ボルケニオンEX」デッキに、

「エンテイ」であれば、「グソクムシャ」「ジュナイパーGX」に効果は抜群ですね。

おわりに

今回はこんな感じでコンボを紹介してみました。

SM4が発売された後、「カウンターエネルギー」の登場により「ポケモンGX・EX」ではないポケモン達の活躍が見られそうな気がします。

場が万全でも、「カウンターエネルギー」1枚で色んな逆転劇が見られることを期待してます(*^^)v

今回はこの辺で。

ではでは。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Hello, I am Kiryu, admin: "Pokéca☆Tips". A Japanese pokémonTCG-player from 2003. Mainly I update in Japanese, some article in English. I hope you like it. I have twitter account, please follow me and leave your comment. If you have some nice idea, please tell me. xD

「Pokéca☆Tips」管理人、きりゅ。と申します。91年生まれのポケモンカード大好き社会人です。ポケモンカード自体は2003年より本格的に遊んでいる古参プレイヤーの1人です。最近では初心者応援勢として初心者の方々との交流を楽しんでいます。初心者の皆さん、ぜひ一緒にポケモンカードやりましょう。あ、Twitterやってるので、よければ気軽に絡んでください。ポケモンカードに関するTweetは少なめですが。(>_<)