【デッキレシピ】MレックウザEX。え、ガリョウテンセイ!? / Mega Rayquaza-EX. What!? “GARYOUTENSEI” !?

スポンサードリンク

ワザ:ガリョウテンセイを使います!
300ダメージです、気絶でーす☆

どうも、「Pokéca☆Tips」管理人のきりゅう@Sorato_kiryuです。

今回は「MレックウザEX」を使ったデッキレシピを考えてみます。

「MレックウザEX」といっても・・・?

「MレックウザEX」といってもあれですよ、「エメラルドブレイク」の方じゃないですよ。

見てこれ。

MレックウザEX
『MレックウザEX』
ポケモンカード公式ホームページより引用

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

がおーっ。(^O^)

ガリョウテンセイ、300ダメージ!!

これを新サポート「カキ」を使ってデッキにしてみましょうよって事です。

「カキ」と合わせることで、2ターン目にはワザ「ガリョウテンセイ」を使うことができますよ(^o^)

カキ

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

1ターン目に「カキ」。
2ターン目に進化して、「ダブルドラゴンエネルギー」もしくは「基本雷エネルギー」をつけることで条件を達成することができます。

新サポート「カキ」を使ってみたい!

2017.05.30

【新弾フラゲ情報】闘う虹を見たか&光を喰らう闇

2017.05.24

このネタに関しては過去記事でも紹介しましたね。

今回は実際にデッキレシピとして形にしてみましょう。

デッキレシピを考えてみる。

「MレックウザEX」を運用するにあたって差別化をしなければいけない相手が居ました。

えぇ、「MレックウザEX」です。

MレックウザEX
『MレックウザEX』
ポケモンカード公式ホームページより引用

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

【デッキレシピ】レックウザ【ハイクラスパック THE BEST OF XYで作れるデッキ】

2017.05.13

このデッキの使用感に勝ってないとやっぱり納得いきませんね。

「エメラルドブレイク」の方のデッキであれば、「シェイミEX」などのサポート以外のカードでデッキを回すことになります。

そのため、「エメラルドブレイク」の方は「特性ロック」や「ウソッキー」を出されると、ほぼほぼ何もできなくなる欠点を持ってますね。

その点で言えば、「ガリョウテンセイ」の「MレックウザEX」はこの程度じゃ止められません。

さぁて、レシピを考えてみましょう!

MレックウザEX MレックウザEX

ポケモン 13

4 × MレックウザEX
4 × レックウザEX
3 × カプ・テテフGX
2 × フーパEX

グッズ 15

4 × レックウザソウルリンク
4 × ハイパーボール
3 × バトルサーチャー
1 × スペシャルチャージ
1 × すごいつりざお
2 × あなぬけのひも

サポート 18

4 × プラターヌ博士
2 × ハウ
2 × N
2 × リーリエ
1 × フウロ
1 × クセロシキ
2 × カキ
2 × フラダリ
1 × オカルトマニア
1 × ニンジャごっこ

エネルギー 14

8 × 炎エネルギー
2 × 雷エネルギー
4 × ダブルドラゴンエネルギー

今回のデッキレシピは少し特殊な形になってますね。

・・・というのも、ポケモンの枠が少なくて済んだので、色々な枠が余ったんですよ。笑

もう少し、良い枠の使い方ができるかもしれません。

このデッキについて

このデッキの理想の目的は、もちろん先攻2ターン目に「ガリョウテンセイ」で300ダメージを使えるようにすること。

これできたら、後は連打するだけで勝てます!

なので、スタジアムやら「フィールドブロアー」についての採用は一切考えてません。

また古代能力「⊿ワイルド」のおかげもあり、環境のデッキに対して殴り合いにも強いです。

人気沸騰中の「ボルケニオン&バクガメス」にもワンパンされる確率はかなり低くくなるんですよ。

相手が炎タイプであれば一撃の為には250ダメージが必要。

まぁ無理でしょう。

速攻系のデッキで弱点となりやすいのが「グッズロック」や「特性ロック」。

このデッキも例外なく、ロックには弱めです。とはいえ、機能停止にまで追い込まれることはまずないでしょう。

特に新弾の「オンバーンGX」相手には、「ソウルリンク」さえ貼れればどうにかなるかなとか思ってます。

一応、デッキには「クセロシキ」も入っているため、抵抗できる余地は残しております。

おわりに。

新サポート「カキ」を使ったデッキはまだまだいろんな形ができると思ってます。

例えば、あとは「マフォクシー」が挙げられますね。

是非、皆さんもロマンにあふれたデッキを作ってみてはどうでしょう。

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Hello, I am Kiryu, admin: "Pokéca☆Tips". A Japanese pokémonTCG-player from 2003. Mainly I update in Japanese, some article in English. I hope you like it. I have twitter account, please follow me and leave your comment. If you have some nice idea, please tell me. xD

「Pokéca☆Tips」管理人、きりゅ。と申します。91年生まれのポケモンカード大好き社会人です。ポケモンカード自体は2003年より本格的に遊んでいる古参プレイヤーの1人です。最近では初心者応援勢として初心者の方々との交流を楽しんでいます。初心者の皆さん、ぜひ一緒にポケモンカードやりましょう。あ、Twitterやってるので、よければ気軽に絡んでください。ポケモンカードに関するTweetは少なめですが。(>_<)