【コラム】ダメージムーバーを使いこなせ!

スポンサードリンク

ども、「Pokéca☆Tips」管理人のきりゅう(@Sorato_kiryu)です。

SM3+「ひかる伝説」が発売されてから、色違いの伝説ポケモンの活躍を未だに確認できない今日この頃。

「ミュウツーGX」や「ゾロアークGX」はジムバトルでも見かけるようになりましたね。

さて、今回紹介するのは「ポケモン」ではなく、「グッズ」について焦点を当ててみることにします。

トリッキーな効果を持つ「ダメージムーバー」

このカードはSM3+の先行公開カードでした。YouTubeのポケモンカード公式チャンネルで、ポニータ石井さんが公開していたグッズになります。

ダメージムーバー
『ダメージムーバー』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

自分のポケモン1匹から別のポケモンにダメージカウンターを3個移動させるという効果。

え、どうやって使うのこんなの。

…って多くのポケモンカードプレイヤーの頭を悩ませたんじゃないでしょうか。

SM3+「ひかる伝説」を使ったシールド戦では、デッキの要となる「レシラム」と「ゼクロム」のワザ「げきりん」のダメージ調整で使うことができますね。

デッキに皆が入れたがるほど強力なコンボに繋がるかどうかは解りませんが、今回はこの効果を上手く使ったコンボについて紹介したいと思います。

回復ソースとして利用する

「ダメージカウンター3個を別のポケモンに移す」という効果は、回復ソースとして使う事も可能です。

ただ、1枚だけで使うのでは面白みに欠けるので、水デッキや雷デッキで使ってみるのはどうでしょうか。

うねりの大海
『うねりの大海』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「うねりの大海」は「ダメージムーバー」ととても相性が良いカードだと思います。

ダメージカウンターが1個も載っていないポケモンに、ダメージカウンターを移し替えることで、計60ダメージ分のダメージを回復することができますね。

そこからさらに、水タイプであれば「スイレン」、雷タイプであれば「ポケモンセンターのお姉さん」を使う事で回復量をさらに上げることもできます。

スイレンポケモンセンターのお姉さん
『スイレン』『ポケモンセンターのお姉さん』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「ポケモンセンターのお姉さん」を使えば、トータルで120ダメージ分のダメージを回復することができますね☆

120ダメージと言えば…

グソクムシャGX
『グソクムシャGX』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

そう、「グソクムシャGX」の「であいがしら」のダメージがちょうど120ダメージ分。1発分を無かったことにできると考えると、非常においしい効果として使えるんじゃないですかね。

ダメージソースとして使う

SM3+「ひかる伝説」で新しく収録された「ガオガエン」や、SM1+で収録されていた「ジジーロンGX」が持つワザのようにベンチのポケモンにダメージカウンターが乗っている場合に、ワザのダメージが強化されるギミックと組み合わせてみても面白いと思いますよ。

ガオガエンジジーロンGX
『ガオガエン』『ジジーロンGX』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

また、ワザを使うポケモン自身に使ってダメージソースとして使う事も可能です。

ミュウツーEX
『ミュウツーEX』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

「ミュウツーEX」は相手のバトルポケモンが無傷の場合に、ワザ「チェンジダメージ」を使う事で、相手のバトルポケモンにダメージカウンターを移すことができます。「ダメージムーバー」を使う事で、「チェンジダメージ」でのせ替えるダメージカウンターを上乗せすることができるのです。

あえて自分のポケモンをきぜつさせる

ダメージカウンターを載せ替えることで、あえて自分のポケモンをきぜつさせることもできちゃいます。

え、なんか良い事でもあるの?

サイドを取られてしまいます。

これをハンドアドバンテージに変える動きが可能になります。

Nエリートトレーナー
『N』『エリートトレーナー』
ポケモンカード公式ホームページより引用。

© 2017 Pokémon. © 1995-2017 Nintendo/Creatures Inc./GAME FREAK inc.

ゲーム終盤に差し掛かった時に、相手の手札を縛ることで、いちかばちかの形勢逆転を狙う事が可能になるわけです。特に「N」であれば、相手の手札を1枚にすることも可能なので、チャンスが生まれるんじゃないでしょうか。

おわりに

いかがだったでしょうか。

自分が思いついた感じだと記事で述べたとおりになります。この記事で紹介したカード以外にも、面白い組み合わせが色々あるので使ってみましょう。

このカードを使って大会で優勝できれば、それはそれは注目の的になる事でしょう。

「ダメージムーバー」を使ったデッキレシピを書いてみたので、併せて読んでみてほしいです。

【Deck-List】ガオガエン / Incineroar【Season XY-SM3+】

2017.07.19

スポンサードリンク

ABOUTこの記事をかいた人

Hello, I am Kiryu, admin: "Pokéca☆Tips". A Japanese pokémonTCG-player from 2003. Mainly I update in Japanese, some article in English. I hope you like it. I have twitter account, please follow me and leave your comment. If you have some nice idea, please tell me. xD

「Pokéca☆Tips」管理人、きりゅ。と申します。91年生まれのポケモンカード大好き社会人です。ポケモンカード自体は2003年より本格的に遊んでいる古参プレイヤーの1人です。最近では初心者応援勢として初心者の方々との交流を楽しんでいます。初心者の皆さん、ぜひ一緒にポケモンカードやりましょう。あ、Twitterやってるので、よければ気軽に絡んでください。ポケモンカードに関するTweetは少なめですが。(>_<)